小かぶとチキンのガーリックソテー

投稿情報: 2017年9月3回

小かぶとチキンのガーリックソテー

【材料】(2人分)

  • 小かぶ…1個
  • 鶏もも肉…1枚
  • 塩・こしょう・小麦粉…各適量
  • サラダ油…適量
  • レモンくし切り…1個
  • A

  • にんにく(みじん切り)…小さじ1
  • バター…15g
  • 酒…小さじ2
  • みりん…小さじ2
  • しょうゆ…小さじ2

【作り方】

①小かぶは皮をむいて8等分のくし切りにする。鶏肉は一口大に切って塩、こしょうし、小麦粉を薄くまぶす。

②フライパンにサラダ油を熱し、①を入れ、焼き色がついて火が通ったら器に盛り付ける。

③フライパンをさっと拭き、Aを入れて30秒ほど煮詰める。②にかけてレモンを添えればできあがり。

炭火焼かつおたたきのたれ2種

投稿情報: 2017年9月3回

炭火焼かつおたたきのたれ2種

【材料と作り方】

●梅だれ
たたいた梅干2個分、酒・しょうゆ・みりん・砂糖各小さじ2を合わせてレンジで30~40秒加熱する。

●ピリ辛中華だれ
「炭火焼かつおたたき添付のたれ」に好みの量の豆板醤をプラス。

※生ニンニクのスライス、生姜、大葉、白ねぎ、みょうがの千切りと炒りごまを薬味として盛り合わせてお好みたれと合わせてどうぞ。
(たれは写真の左から、梅だれ→塩→ごま油→中華だれ の順です)

ポテトとチキンのぎゅうぎゅう焼き

投稿情報: 2017年9月2回

ポテトとチキンのぎゅうぎゅう焼き

【材料】(5~7人分)

  • じゃがいも…5個
  • 鶏モモ肉…2枚
  • まいたけ…150g
  • にんにく…2片
  • 唐辛子…お好みで
  • 塩・こしょう…適量
  • オリーブオイル…大さじ3~4

【作り方】

①じゃがいもにラップをし、電子レンジで硬さを見ながら4~5分加熱し、そのまま粗熱を取ってから食べやすい大きさに切る。

②食べやすい大きさに切って軽く塩こしょうをした鶏モモ肉・輪切りにしたにんにく・種を取った唐辛子・オリーブオイルをポリ袋に入れてもむ。

③クッキングシートを敷いた天板に、①・②の鶏モモ肉・大き目に切り分けたまいたけを並べ、②の残りをじゃがいもにかけ、塩・こしょうをふったら250℃のオーブンで12~15分焼く。

※あらかじめ鶏モモ肉ににんにくの風味をつけ、そのオイルをじゃがいもにかけてから焼くのがポイント! もみ込む際、ローズマリーを使うと香りよくできあがります。

鯛のご馳走カルパッチョ仕立て

投稿情報: 2017年9月2回

鯛のご馳走カルパッチョ仕立て

【材料】(3~4人分)

  • 真鯛刺身用短冊…片身(150g)
  • ベビーリーフ…1袋
  • ハーブ・パプリカ・ミニトマトなど…お好みで
  • <ドレッシング>

  • 玉ねぎ…1/4個
  • レモン汁…小さじ1
  • 酢…小さじ1
  • 粒マスタード…小さじ1
  • 塩…小さじ1/4
  • オリーブオイル…大さじ2

【作り方】

①鯛は薄く切っておく。耐熱ボウルに玉ねぎをすりおろしたらラップをして電子レンジで40~50秒加熱し、取り出して蒸気を飛ばすように混ぜながら粗熱を取る。

②①の玉ねぎに、レモン汁・酢・粒マスタード・塩・オリーブオイルを加えて混ぜ合わせる。

③薄切りにした鯛・ベビーリーフ・ハーブ・パプリカ・ミニトマトなどを器に盛り、②をかける。

※薄切りにした鯛に玉ねぎの甘みを活かしたボリューム感のある“手作りドレッシング”でご馳走仕立てに!

豚こまチャーシュー

投稿情報: 2017年9月2回

豚こまチャーシュー

【材料】(2人分)

  • 豚こま切れ…200g
  • すき焼きのたれ…50ml
  • 酒…50ml
  • 水…80ml(加減する)
  • こしょう…適量
  • 薄力粉…適量
  • ごま油(サラダ油)…適量

【作り方】

①ラップを広げ、その上に豚肉を薄く広げる(幅15cmで長方形にするとちょうど良い)。

②全体にこしょうと薄力粉をふったら手前半分にすき焼きのたれ(小さじ1)を刷毛で塗る。

③ラップを持ち上げ、巻きずしの要領で手前から巻きこむ。ラップで巻いて30分程度冷蔵庫でなじませる。

④熱したフライパンにごま油(サラダ油)をなじませ、薄力粉を薄くまぶした③を、巻き終わりを下にして入れて焼き、全体も中火で焼く。

⑤④に酒・水と残りのすき焼きのたれを加えたら蓋をして、5分程度煮込んだら蓋を取り、転がしながら水分を飛ばす。火を止めてもう一度蓋をし、15分程余熱で火を通す。

※バラバラにならないように、しっかりと巻いてなじませ、ゆっくりと転がして焼きましょう。

牛ステーキと2種類のソース

投稿情報: 2017年9月2回

牛ステーキと2種類のソース

【作り方】

①2種類のステーキソースを作る。
●おろし玉ねぎソース
フライパンにおろし玉ねぎ1/8個分、しょうゆ大さじ2、酒・みりん各大さじ1を入れて1分ほど煮詰める。
●わさびマヨソース
マヨネーズ大さじ2、わさび小さじ1〜2、しょうゆ小さじ2/3を混ぜ合わせる。

②ステーキ肉は塩、こしょう、油を引いたフライパンで好みの焼き加減に焼き、2種類のソースを添える。

※牛肩ロース肉は、ほどよい脂感なので食べ応えもあってやわらかいのが特徴です。
ベーシックなしょうゆベースの「おろし玉ねぎソース」とクリーミーな「わさびマヨソース」、2種のソースで味の変化を楽しめます。

鮭ときのこのバター醤油炊き込みご飯

投稿情報: 2017年9月1回

鮭ときのこのバター醤油炊き込みご飯

【材料】(2~3人分)

  • 米…2合
  • 塩鮭(甘口)…2切
  • 薬味ねぎ(小口切り)…適量
  • しめじ…150g
  • バター…20g
  • 水…2カップ(2合目盛より少なく)
  • 酒…大さじ2
  • だしの素(顆粒)…小さじ2
  • しょうゆ…大さじ2

【作り方】

①米を洗ってざるにあげる。しめじは根元を切り落としてほぐす。

②鮭を魚焼きグリルで強火で皮目がこんがりする程度に焼いたら、余分な油をキッチンペーパーで取る。

③炊飯器に米・水・酒・だしの素・しょうゆを入れて混ぜ、その上に②としめじをのせたら小さく切ったバター(10g)を散らし、炊飯する。

④③が炊きあがったら鮭をほぐし、残りのバターを加えて混ぜる。器に盛り、薬味ねぎを散らす。

※鮭の皮をこんがりと香ばしく焼いてから炊飯するのがポイント! バターを2回に分けて加えると風味もアップします。

沖縄ジューシー風炊き込みご飯

投稿情報: 2017年9月1回

沖縄ジューシー風炊き込みご飯

【材料】(3~4人分)

  • 豚バラ切落し…100g
  • 生もずく…60g
  • 米…2合
  • ごぼう…50g
  • にんじん…50g
  • しめじ…50g
  • しょうが…小1かけ(5g)
  • 刻みねぎ…適量
  • ごま油…小さじ1
  • 水(炊飯用)…適量
  • A

  • しょうゆ・酒・みりん…各大さじ2
  • 和風だしの素(顆粒)…小さじ1

【作り方】

下準備:米は洗ってざるにあげておく。Aをよく混ぜ合わせておく。

①ごぼうはささがきにし、水に5分ほどさらしてから水けをよくきる。
にんじんは3~4cm長さの細切りにし、しめじは石づきを切ってほぐす。
しょうがは千切りにする。

②豚肉は長さを半分に切る。生もずくは網目の細かいざるに入れ、さっと水洗いして水けをしっかりきる。

③フライパンにごま油としょうがを入れて中火で熱し、香りがたったら豚肉を入れて色が変わるまで炒める。ごぼう、にんじん、しめじを加え、油がまわる程度にさっと炒める。

④炊飯器の内釜に米を入れ、合わせたAを入れてから、2合の目盛まで水を加えて全体をよく混ぜる。③の具材をのせ、上に生もずくをまんべんなくのせて炊飯する。

⑤炊きあがれば、全体をさっくりと混ぜて5分ほど蒸らす。茶碗に盛り、刻みねぎを散らす。

※必ず先にAを加えてから水加減をしてください。味にムラができないようによく混ぜましょう。上に具材をのせたら、混ぜずにそのまま炊飯します。

しめじとお芋のほっくり炊き込みご飯

投稿情報: 2017年9月1回

しめじとお芋のほっくり炊き込みご飯

【材料】(2~3人分)

  • 米…2合
  • しめじ…150g
  • さつまいも…1/2本(150g)
  • 水…2カップ(2合の目盛より少なく)
  • 白だし…大さじ2
  • 塩…小さじ1/2

【作り方】

①米を洗ってざるにあげる。しめじは根元を切り落としてほぐす。さつま芋は1cm角に切って水にさらす。

②炊飯器に米・水・白だし(大さじ1)・塩を入れて混ぜ、その上にさつま芋、しめじの順にのせたら残りの白だしをかけ、炊飯する。

野菜たっぷりよだれ鶏風

投稿情報: 2017年8月5回

野菜たっぷりよだれ鶏風

【材料】(2~3人分)

  • 鶏ムネ肉…1枚(250g)
  • 水菜…1/2束
  • きゅうり…1/2本
  • パプリカ(赤)…1/4個
  • 白髪ねぎ…適量
  • 糸唐辛子…適宜
  • <鶏肉の下味>

  • 塩・こしょう…各適量
  • 酒…大さじ2
  • A

  • しょうゆ・鶏の蒸し汁・酢…各大さじ1と1/2
  • オイスターソース…大さじ1/2
  • 砂糖・ラー油…各小さじ2
  • 炒りごま…大さじ1
  • おろしにんにく・しょうが…各小さじ1/2

【作り方】

①鶏ムネ肉を耐熱皿に入れて<鶏肉の下味>をふり、ラップをふんわりかけてレンジで加熱し(600Wで2分、鶏肉を裏返して1分が目安)、そのまま粗熱を取る。

②Aは合わせておく。

③水菜は3cm幅に切り、きゅうり、パプリカは細切りにする。

④皿に③、食べやすい大きさに切った①、白髪ねぎ、あれば糸唐辛子を盛り付け、②をかける。

※「よだれが出るほどおいしい」という意味で名付けられたよだれ鶏。すっぱ辛いソースをたっぷりかけて食欲を刺激し、夏バテ解消に一役です。

« 前ページへ次ページへ »