昔ながらのかれいの煮つけ

投稿情報: 2018年10月2回

昔ながらのかれいの煮つけ

【材料】(3人分)

  • 子持ち赤かれい…3切(330g)
  • <煮汁>

  • 水…250ml
  • 酒…50ml
  • しょうゆ…大さじ2
  • みりん…大さじ2
  • 砂糖…大さじ1/2
  • 針生姜…適量

【作り方】

①かれいは軽く洗ってキッチンペーパーで水気を取る(子持ちなので表面に水を流す程度でOK!)。上身(黒い方)の厚い部分に切り込みを入れる。

②フライパンに<煮汁>の材料を入れて火にかけ、沸騰したら①を並べて入れ、全体に煮汁をかけて落し蓋をし、中火で煮立たせながら7分程度煮る。

③②の落し蓋を取り、煮汁をかけながらほどよく煮詰めたら器に盛り、針生姜をのせる。

※煮汁の水はフライパンを使うので通常より多めにします。
※魚の煮つけは強めの火加減で沸騰させながら一気に煮る、蓋をせずに落し蓋(クッキングシートでOK!)で臭みを飛ばしながら上身にも火を通す、この二つがポイント。

粉ふきかぼちゃ

投稿情報: 2018年10月2回

粉ふきかぼちゃ

【材料】(2~4人分)

  • かぼちゃ(黒皮マロン)…1/4個
  • 塩…適量
  • 水…適量

【作り方】

①かぼちゃの種とわたを取り除き、一口大に切る(種とわたはきれいに取り除いた方が仕上がりが良くなります。丸く仕上げたい時は面取りを)。

②鍋に①と水(かぼちゃにひたひたより少なめ)を入れて蓋をし、蒸し煮にする。

③かぼちゃに串をさして少し硬めに中まで火が通ったら湯を捨て、鍋をふりながら空煎りし、粉ふき状態に仕上げたら全体に塩をふる。

※ここでは実がしっかりしていてホクホク、マロンみたいに甘い「黒皮マロン」を使っています。
※焦がさないように鍋をしっかりとふりながら仕上げましょう。

薄切り肉のビーフシチュー

投稿情報: 2018年10月2回

薄切り肉のビーフシチュー

【材料】(2~3人分)

  • 牛バラ肉(切落し)…300g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • じゃがいも…1個
  • にんじん…1/2本
  • きのこ(しめじ・マッシュルーム)…150g
  • ブロッコリー…1/4個
  • ドミグラスソース(缶)…1缶
  • 水…300ml
  • 赤ワイン…50ml
  • 塩・こしょう…各適量
  • サラダ油…大さじ1

【作り方】

①牛バラ肉の大きいものは食べやすい大きさに切る(大きめでOK)。玉ねぎは薄切りにする。じゃがいもとにんじんは皮をむき、食べやすい大きさに切る。しめじは根元を切り落としてほぐし、マッシュルームは半分に切る。ブロッコリーは小房に分ける。

②熱したフライパンにサラダ油をなじませ強火で牛バラ肉の表面を炒め、玉ねぎも加えて炒めて鍋に移す。鍋にじゃがいも・にんじん・水を加えて火にかけ、沸騰したらあくと油をしっかり取り除く。

③②にしめじ・マッシュルーム・赤ワイン・ドミグラスソースを加えて野菜がやわらかくなるまで煮込み、ブロッコリーも加えて軽く煮詰め、塩・こしょうで味を調える。

※薄切り肉を使えば煮込み時間も短縮できます。お肉と玉ねぎを炒めることで香ばしさやコクが出ます。
※ドミグラスソースを加える前にあくと油を取り除くのもポイント!

ひと口メンチカツ

投稿情報: 2018年10月1回

ひと口メンチカツ

【材料】(2~3人分)

  • 牛ミンチ…200g
  • 玉ねぎ…1/3個(70g)
  • 卵…1/2個
  • 塩…小さじ1/4
  • こしょう…適量
  • 添え野菜(キャベツの千切り・きゅうり・トマトなど)…適量
  • ソース(とんかつソースとケチャップを同量合わせる)…適量
  • <衣>

  • 卵…1個
  • 薄力粉…大さじ3
  • パン粉…適量

【作り方】

①牛ミンチ・細かくみじん切りにした玉ねぎ・卵・塩・こしょうをボウルに入れてこねる(肉感を残すようにハンバーグよりも手抜きでOK!)。

②①を一口大に丸める(6~8個)。
※冷凍庫で表面を少し固めると衣がつけやすくなります。

③②に、卵と薄力粉を混ぜ合わせたもの⇒パン粉の順にまんべんなくつける。

④③を170℃の油できつね色になるまで揚げ、野菜を盛った器にのせ、ソースをかける。

※冷凍の牛ミンチの場合は、冷蔵庫で半解凍でOK。
※一口サイズなので短時間で中まで火が通り、衣も割れにくいです。

小かぶときのこのWチーズグリル

投稿情報: 2018年10月1回

小かぶときのこのWチーズグリル

【材料】(2~3人分)

  • 小かぶ…2玉
  • しめじ…80g
  • クリームチーズ…40g
  • ピザ用チーズ…40g
  • 塩…適量
  • こしょう(粗挽き)…適量

【作り方】

①小かぶは葉の付け根をきれいに洗ったら8等分のくし切りにする。しめじは根元を切り落としてほぐす。

②熱したフライパンに①を入れ、強火で焦げ目がつくまでこんがりと素焼きにする。

③耐熱皿に②を盛りつけて塩・こしょうを振ってクリームチーズを散らし、その上からピザ用チーズも散らす。オーブントースターでチーズがとろけ、お好みの焼き目になるまで焼く

※かぶは皮をむかずに旨みと食感をそのままいただきましょう♪

大粒しじみときのこの炊き込みご飯

投稿情報: 2018年10月1回

大粒しじみときのこの炊き込みご飯

【材料】(3~4人分)

  • 「大粒冷凍しじみ」…140g
  • 米…2合
  • しめじ…80g
  • 薄あげ…2枚
  • 水…300ml+適量
  • 酒…50ml
  • 昆布だし(顆粒)…小さじ1/4
  • 塩…小さじ1/4
  • 薄口しょうゆ…大さじ1/2
  • 三つ葉…適宜

【作り方】

①米を洗ってざるにあげる。しめじは根元を切り落としてほぐす。薄あげは油をキッチンペーパーで押さえてからみじん切りにする。

②鍋に凍ったままのしじみ・水(300ml)・酒を入れて火にかけ、しじみが開いたら鍋を冷水で冷やして粗熱を取り、しじみをざるにあげる。しじみの半分は殻から身を取り出しておく。

③炊飯器に米・②の煮汁・昆布だし・塩・薄口しょうゆを入れたら2合のメモリまで水を加えて軽く混ぜ、薄あげとしめじをのせて通常通りに炊飯する。

④③が炊けたらすぐに②のしじみをのせて1~2分蒸らしてから全体を混ぜる。お茶わんによそい、三つ葉をのせる。

※大粒のしじみなので先に蒸し煮にし、炊き上がったご飯にのせてふっくらおいしくいただきましょう。
昆布だしはなくても大丈夫ですが、ちょい足しすることでしじみの旨みがアップします。

さつま芋のバターしょうゆ煮

投稿情報: 2018年9月4回

さつま芋のバターしょうゆ煮

【材料】(2人分)

  • さつま芋…1本
  • 水…1カップ
  • 砂糖…大さじ1
  • しょうゆ…小さじ2
  • バター…大さじ1
  • 鰹節…小袋1パック(2.5g)

【作り方】

①さつま芋は皮つきのまま1cm幅の輪切りにし、5分程水にさらしてあくを抜いてザルに上げる。

②鍋に水と砂糖・①を入れて蓋をし、竹串がすっと通るやわらかさになるまで煮る。

③しょうゆとバターを加え、バターが溶けたら鰹節を振り入れて絡める。

※バターとしょうゆのしょっぱさが、さつま芋の甘さを引き立てるメニューです。和風だからごはんにも合いますよ。
※ここではとても甘い「あやめさつま芋(紅まさり)」を使用しています。

真いわし開き パセリパン粉焼き

投稿情報: 2018年9月4回

真いわし開き パセリパン粉焼き

【材料】(1人分)

  • 真いわし開き…2枚
  • 塩…適量
  • パン粉…大さじ4
  • パセリ…1枝
  • オリーブオイル…大さじ2
  • フレンチマスタード…小さじ1(1枚に小さじ1/2)
  • レモン…1切

【作り方】

①真いわしは小骨を取り、両面に塩を振って10分程置く。出てきた水分をペーパーで拭き取る。

②パセリをみじん切りにしてパン粉、オリーブオイルと混ぜ合わせる。

③オーブンシートを敷いた天板に、真いわしの皮を上にして並べる。皮目にフレンチマスタードを塗り、②をまぶして手で押さえる。

④220℃に予熱をしたオーブンで10分焼く。皿に盛り付けてレモンを添える。

※小骨を丁寧に取ることで、おいしさがアップ。
※片面だけにパン粉をつけるので、ふっくら仕上がり、しかもヘルシー。

豚ヒレブロックのソテー マッシュルームソース

投稿情報: 2018年9月4回

豚ヒレブロックのソテー マッシュルームソース

【材料】(2人分)

  • 豚ヒレブロック…200g
  • 塩…適量
  • こしょう…適量
  • リーフ…適宜
  • <ソース>

  • マッシュルーム…6個
  • にんにく…1片
  • オリーブオイル…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1
  • バター…大さじ1/2
  • レモン果汁…小さじ2

【作り方】

①豚ヒレ肉を2cm程の厚さになるように6枚に切る。ラップで挟んで麺棒で叩き5mmの厚さに伸ばして、両面に塩こしょうを振る。フライパンにオリーブオイル(分量外)を入れて火にかけ、豚ヒレ肉の両面を焼き、お好みでリーフを飾った皿に盛りつける。

②マッシュルームを4等分に切り、にんにくはみじん切りにする。フライパンににんにくとオリーブオイルを入れて火にかけ、にんにくがしゅわしゅわしてきたらマッシュルームを加える。塩を振って炒め、しんなりしたらしょうゆとバター、レモン果汁を加えて混ぜ合わせる。

③①の肉の上に②のソースをかける。

※ここではソース用に香り高い「ブラウンマッシュルーム」を使用しています。

豚バラの豆腐巻きソテー

投稿情報: 2018年9月3回

豚バラの豆腐巻きソテー

【材料】(2人分)

  • 豚バラうすぎり…170g
  • 豆腐…400g
  • 薄力粉…適量
  • サラダ油…大さじ1
  • <甘辛たれ>

  • しょうゆ…大さじ2
  • みりん…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1
  • 酒…大さじ1

【作り方】

①豆腐は水切りをし、一口大に切る。<甘辛たれ>の材料を混ぜ合わせておく。

②豚バラを広げ、表面に薄力粉を振り、豆腐に巻く。

③フライパンにサラダ油を熱し、②を返しながら焼く。

④豚バラに火が通ったら、<甘辛たれ>を入れて炒りつける。

※豆腐は木綿・絹どちらでもお好みで。豆腐の水切りは、キッチンペーパーにくるんで電子レンジでチンすると簡単です。

« 前ページへ次ページへ »