きゅうりとえびのさっぱり炒め

投稿情報: 2019年5月3回

きゅうりとえびのさっぱり炒め

【材料】(2人分)

  • きゅうり…2本
  • むきえび…120g
  • 白ねぎ(粗みじん切り)…1/3本分
  • しょうが(せん切り)…1かけ分
  • 酒(下味用)…小さじ2
  • ごま油…大さじ1
  • A

  • 酒…大さじ1
  • 鶏ガラスープの素(顆粒)…小さじ1
  • 塩・砂糖…各小さじ1/4
  • こしょう…少々
  • 水…小さじ1

【作り方】

①えびはあれば背ワタをとって酒をまぶす。Aの材料をよく混ぜ合わせる。

②きゅうりは縦半分に切って、7~8mm幅の斜め切りにする。

③フライパンにごま油、しょうがを入れて中火で熱し、香りがたてばえびを入れ、色が変わるまで炒める。

④えびにほぼ火が通れば、きゅうりを入れて手早く炒め、白ねぎ、Aを加えて手早く炒め合わせる。

桃豚とカラフル野菜の和風マリネ

投稿情報: 2019年5月3回

桃豚とカラフル野菜の和風マリネ

【材料】(4人分)

  • 桃豚モモうすぎり…220g
  • パプリカ赤・黄…各1/4個
  • ピーマン…2個
  • 新玉ねぎ…1/4個
  • A

  • 酢…大さじ3
  • 砂糖・しょうゆ…各大さじ1と1/2
  • ごま油…大さじ1
  • おろし生姜…小さじ1

【作り方】

①ボウルに調味料Aを入れて混ぜる。

②パプリカ、ピーマン、新玉ねぎは薄切りにして耐熱皿に入れ、ふわっとラップをしてレンジで加熱し(600Wで2分が目安)、①に入れる。

③鍋に水を入れて火にかけ、沸騰直前で弱火にし、豚肉を1枚ずつ広げてしゃぶしゃぶにする。ザルにあげてしっかり水気を切り、②に入れてざっくり混ぜて15分ほどなじませればできあがり。

※桃豚の甘みがギュッと詰まったカラフルマリネです。沸騰前の温度で手早くしゃぶしゃぶするのがやわらかく仕上げるポイント。冷蔵庫で3日ほど保存が可能です。

刻み昆布とにんじんのさっぱりきんぴら

投稿情報: 2019年5月3回

刻み昆布とにんじんのさっぱりきんぴら

【材料】(4人分)

  • 北海道産刻み昆布…1袋(100g)
  • にんじん(小さめ)…1本
  • 麺つゆ(2倍濃縮)…大さじ2
  • ごま油…大さじ1
  • 煎りごま…適量

【作り方】

①にんじんは皮をむき、長さ4cmの細切りにする。

②熱したフライパンにごま油をひき①を入れて炒め、ごま油がなじんだら麺つゆを加えて軽く炒める。

③②に刻み昆布も加えて炒め合わせ、水分が飛んだら器に盛り、煎りごまをふる。

※にんじんを油と麺つゆで先に味つけするのがポイント! 昆布の旨みと食感をにんじんと一緒に味わいましょう。ヘルシー食材の昆布がたっぷりのきんぴらは“やみつき”になりますよ!

ほったらかし鶏チャーシュー&ダブルオニオンサラダ

投稿情報: 2019年5月2回

ほったらかし鶏チャーシュー&ダブルオニオンサラダ

【材料】(2人分)

  • 鶏ムネ肉…1枚(250g)
  • 新たまねぎ…1個
  • A

  • 白ねぎ(青い部分)…4cm
  • 生姜(スライス)…2枚
  • しょうゆ…大さじ1と1/2
  • オイスターソース・砂糖…各大さじ1
  • みりん…大さじ2
  • B

  • 酢・しょうゆ・サラダ油…各大さじ1
  • 砂糖…小さじ1
  • こしょう…少々

【作り方】

①鶏ムネ肉の皮目に竹串などで刺して穴をあけ、耐熱の密封袋にAと共に入れて空気を抜く。

②鍋に湯を沸かし、沸騰したら火を止めて①を入れ、蓋をしてそのまま余熱で火を通す。(冷めるまで置く)

③新たまねぎは1/4個分をみじん切りにする。残りは繊維に沿って薄くスライスし、さっと水にさらす。ボウルにBを入れてよく混ぜ、みじん切りのたまねぎを加えてなじませる。

④薄切りにした鶏チャーシューと、水けをきったオニオンスライスを器に盛り、③のドレッシングを適量かける。

うるめいわしと新たまのさっぱり丼

投稿情報: 2019年5月2回

うるめいわしと新たまのさっぱり丼

【材料】(1人分)

  • 一本釣りうるめいわしのぶっかけ漬け丼…1袋
  • 新たまねぎ…1/8個
  • ご飯…小どんぶり1杯分
  • 大葉…1枚
  • わさび…小さじ1/3
  • 炒りごま…少々

【作り方】

①新たまねぎは繊維に沿って薄くスライスし、さっと水にさらして、水けを切る。大葉は千切りにしてたまねぎと合わせておく。

②茶碗にご飯をよそい、うるめいわしを盛り付けて①をのせる。

③残った漬けダレにわさびを混ぜて②にかけ、炒りごまをふればできあがり。

※新たまねぎのシャキシャキ食感がアクセントに。お好みでマヨネーズをかけても。

丸ごとレタスとオニオンハムマリネ

投稿情報: 2019年5月2回

丸ごとレタスとオニオンハムマリネ

【材料】(2~3人分)

  • レタス…1/2玉
  • 新たまねぎ…1個
  • ハム…4枚
  • 貝割菜…1/4パック
  • A

  • オリーブオイル…大さじ1と1/2
  • 酢…大さじ1/2
  • 砂糖…小さじ1/2
  • 塩・しょうゆ…各小さじ1/4
  • こしょう…少々

【作り方】

①新たまねぎは繊維に沿って少し厚めにスライスし、かるく水にさらして水けをしっかりきる。ハムは半分に切って1cm幅の短冊切りにする。貝割菜は根元を切り落とす。

②ボウルにAを入れてよく混ぜ合わせ、①を加えて全体を和え、しんなりするまでなじませる。(冷蔵庫で30分程おくと味がよくなじむ)

③レタスは形をいかして4等分のくし形に切る。器に盛り、レタスの上に②をのせる。

ナスステーキ丼

投稿情報: 2019年4月4回

ナスステーキ丼

【材料】(2人分)

  • とろとろ炒めナス…2個
  • ご飯…500g
  • 大葉…4枚
  • 麺つゆ(2倍濃縮)…大さじ4
  • 生姜のしぼり汁…小さじ2
  • ごま油…大さじ3

【作り方】

①ナスを半分に切り、皮の内側に格子状に切り込みを入れる。

②熱したフライパンにごま油をなじませ、切った面を下にして焦げ目がつく程度にじっくりと焼き、裏返す。

③ナスがしっとりしてきたら麺つゆと生姜のしぼり汁を加えてからめる。ご飯をよそった丼にのせ、大葉を添える。

※じっくり焼いた「とろとろ炒めナス」のとろっとした食感を堪能できる丼です。格子状に切り込みを入れるのがポイント。ナス好きにはたまらない!

今治丼

投稿情報: 2019年4月4回

今治丼

【材料】(2人分)

  • 焼豚…160g
  • ご飯…500g
  • 卵(M)…4個
  • 薬味ねぎ(小口切り)…適量
  • サラダ油…適量
  • A

  • しょうゆ・みりん…各小さじ2
  • オイスターソース…小さじ1
  • 砂糖…大さじ1/2

【作り方】

①Aと焼豚のたれを耐熱容器に入れてレンジ(600W)で30~40秒加熱する。

②焼豚をスライスして皿に並べ、ラップをして2~3分、温まる程度にレンジで加熱する。

③熱したフライパンにサラダ油をなじませ、卵を2個ずつ割り入れて目玉焼きを作る。

④ご飯をよそった皿に焼豚を並べ、目玉焼きをのせる。①をかけ、薬味ねぎを散らす。

※焼豚があれば簡単に“今治丼”ができます!焼豚のたれに自家製のたれを追加しましょう。“桃豚の焼豚”はモモ肉なのでヘルシーなのが嬉しい!

さばの甘辛照り焼き丼

投稿情報: 2019年4月4回

さばの甘辛照り焼き丼

【材料】(2~4人分)

  • さば…4切
  • ご飯…600g
  • 水菜…40g
  • かいわれ大根…1パック
  • ごま油…適量
  • マヨネーズ・一味…各適宜
  • A

  • 酒・しょうゆ・みりん…各大さじ2
  • 砂糖…小さじ2

【作り方】

①さばの水気をキッチンペーパーで取る。水菜は3cm、かいわれ大根は3等分に切り分ける。

②熱したフライパンにごま油をなじませ、さばの皮目を下にして入れ、中火でこんがりと焼く。裏返して全体に火が通ったらキッチンペーパーで余分な油を拭き取る。

③②にAを混ぜ合わせたものを加えてさばにからめる。ご飯をよそった丼に水菜とかいわれ大根をのせ、さばも盛りつけたらお好みでマヨネーズと一味をかける。

※パリッとジューシーに焼けたさばに甘辛だれ!ご飯がすすむ豪快な丼です。焼いたさばから出た脂は臭みになるので、しっかりと取り除くのがポイント!

さつま芋のデリ風サラダ

投稿情報: 2019年4月3回

さつま芋のデリ風サラダ

【材料】(2人分)

  • あやめさつま芋(紅はるか)…300g
  • 新たまねぎ…1/4個
  • ベーコン(ブロック)…80g
  • 塩・こしょう…各適量
  • A

  • マヨネーズ…大さじ2
  • 粒マスタード…大さじ1
  • レモン汁・はちみつ…各小さじ1

【作り方】

①さつま芋は厚さ1.5cmのいちょう切りにし、軽く水で流したら耐熱ボウルに入れてラップをし、レンジ(600W)で3分加熱。取り出して軽く混ぜ、さらに3~4分程度加熱する。

②ベーコンは拍子切りにし、フライパンでこんがりと焼く。新たまねぎは薄切りにする。

③①に、②と、混ぜ合わせたAを加えて和え、塩・こしょうで味を調える。

※皮つきで大ぶりに切ったサラダで“あやめさつま芋(紅はるか)”の甘みを堪能しましょう。香ばしく焼いたベーコンの塩味も甘さを引き立てるポイント! 旬の新たまねぎは水にさらさずに使います。

次ページへ »