とろとろ炒めナスのチーズ焼き

投稿情報: 2018年12月4回

とろとろ炒めナスのチーズ焼き

【材料】(2人分)

  • なす(とろとろ炒めナス)…2玉
  • ベーコン…2枚
  • チーズ(ピザ用)…40g
  • バルサミコ酢…小さじ1
  • 塩・コショウ…各適量
  • オリーブオイル…大さじ2強

【作り方】

①なすを1.5cm幅の輪切りにし、軽く塩・コショウをふる。ベーコンは4等分に切る。

②オリーブオイルを入れたフライパンを火にかけ、すぐにベーコンを入れて中火で焼き、少し焼きめがついてきたら取り出す。ここにキッチンペーパーで水気とあくを取ったなすを入れ、強火で両面焼く。

③なすでベーコンをはさむようにしてグラタン皿に盛り、バルサミコ酢とチーズをかけて、オーブントースターでこんがりと焼く(5~6分)。

※“とろとろ炒めナス”は厚めに切って食感を楽しみましょう&水にさらさずペーパーであくを取るのもポイント!なすの旨みを活かしたシンプルな塩味にバルサミコ酢の風味がアクセント♪

エビのレモン蒸し

投稿情報: 2018年12月4回

エビのレモン蒸し

【材料】(5尾分)

  • 有頭エビ…5尾
  • レモン…1個
  • 酒…50cc
  • 水…大さじ2
  • 昆布茶…少々
  • 塩…小さじ1/3

【作り方】

①有頭エビを軽く水洗いし、キッチンペーパーで水気を取る。レモン半分を輪切りにし、残り半分の削いだ皮をみじん切りにして塩と混ぜる。

②少し深さのある耐熱皿に有頭エビを並べたら酒・水・昆布茶を混ぜ合わせたものをかけ、輪切りのレモンをのせる。ラップをし、電子レンジで2分、裏返して1~2分様子を見ながら加熱する(今回のエビは大きいので通常より長めに加熱します)。

③②を皿に盛りつけレモン塩をかける。

※簡単に殻のむけるエビはそのまま蒸していただきましょう!加熱した後に蒸し汁をかけ、ラップを密着させて冷ませば、殻が白っぽくならず、身もしっとりと仕上がります。香りも良く、おせちにもGOOD!

合鴨つみれの年越しそば

投稿情報: 2018年12月4回

合鴨つみれの年越しそば

【材料】(2人分)

  • 合鴨つみれ…1パック
  • そば(乾麺)…2~3束
  • 白ねぎ…18cm
  • 水菜…40g
  • 水…3カップ
  • 麺つゆ(2倍濃縮)…180ml
  • 塩…ひとつまみ

【作り方】

①白ねぎは3cmに切り、フライパンで素焼きにする。水菜は3cmに切る。

②鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら“合鴨つみれ”を食べやすい大きさに丸めて(6~8個)落とし、あくを取りながら火を通し、麺つゆと塩で味を調える。

③そばを袋の表示通りにゆでて湯切りをして器に盛り、②のだしを注いで“合鴨つみれ”と①を盛りつける。

※合鴨つみれは170gを使用しています。
※麺つゆに“合鴨つみれ”のコクと旨みが加わった、簡単でおいしいごちそうそばです。硬めのそばがお好みの方はいったんそばを冷水でしめてから、だしで温めるとおいしいですよ!

ミディトマトのハニーコンポート

投稿情報: 2018年12月3回

ミディトマトのハニーコンポート

【材料】(2人分)

  • ミディトマト…7~11個
  • レモン…1個
  • 水…100ml
  • 酢…大さじ1
  • はちみつ…大さじ4
  • 塩…ひとつまみ

【作り方】

①ミディトマトを湯むきし(へたを取り、皮だけに十字に少し切りめを入れたら熱湯にくぐらせ、すぐに冷水に取り出して皮をむく)、容器に入れる。

②鍋に水・酢・はちみつ・塩を入れて火にかけ、はちみつが溶けたら火を止め、レモン半分をしぼって加える。

③①に残りのレモンの薄切りと②を加え、冷蔵庫で1時間以上漬ける。

※かわいいミディトマトをまるごとコンポートに!はちみつレモンに酢と塩をプラスして、トマトの甘みを引き立てるのがポイントです。漬け込む液も温かめが漬かりやすいですよ。お好みで粗挽きコショウをふってください。

ガーリックアヒステーキ

投稿情報: 2018年12月3回

ガーリックアヒステーキ

【材料】(2人分)

  • めかじき(切身)…2切
  • 薄力粉…適量
  • にんにく…2片
  • オリーブオイル…適量
  • 白ワイン…大さじ2
  • しょうゆ…小さじ2
  • コショウ(粗挽き)…適量
  • 温野菜(じゃがいも・パプリカ・ブロッコリーなど)…適量

【作り方】

①解凍しためかじきの表面の水分をキッチンペーパーで取り、全体に薄力粉をまぶし、余分な粉をしっかりと落とす。にんにくは薄切りにする。

②フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火でこんがりするまで焼いて取り出す。

③②にめかじきを入れ、強火で表面をこんがりと焼いたらキッチンペーパーで余分な油を取り、中火に落としてから白ワインをふりかける。

④③に②のにんにく、しょうゆ・オリーブオイル(少々)を加えてからめたら器に盛り、ソースをかけてコショウをふる。お好みの温野菜を添える。

※ガーリックオイルでめかじきをこんがりと焼いてから(少しレア気味でもおいしいです!)白ワインで香りづけ。ソースもいつもの“にんにくじょうゆ”に白ワインの香りと酸味をプラスして爽やかに仕上げるのがポイント!

ごろっとジャーマンポテト

投稿情報: 2018年12月2回

ごろっとジャーマンポテト

【材料】(2人分)

  • じゃがいも(インカのめざめ)…250g
  • ベーコン(ブロック)…80g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • オリーブオイル…大さじ1
  • コンソメ(顆粒)…小さじ1/2
  • 塩・こしょう…各少々
  • パセリ(みじん切り)…適量

【作り方】

①インカのめざめはよく洗って皮つきのまま大きめの食べやすい大きさに切り、水に5分程さらして水けをきる。耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で約4分加熱する。

②ベーコンは1cm幅の拍子木切りにする。玉ねぎは薄切りにする。

③フライパンにオリーブオイルを入れて中火で熱し、ベーコン、玉ねぎを炒める。玉ねぎがしんなりしたら①を加え、焼き目がつくまで炒め合わせる。

④具材に火が通れば、コンソメをふり入れて炒め、塩・こしょうで味を調える。仕上げにパセリを散らす。

※芋の大きさによって、レンジの加熱時間は調整してください。(竹串がスッと通る程度が目安)

鶏手羽元ときのこのカチャトーラ

投稿情報: 2018年12月2回

鶏手羽元ときのこのカチャトーラ

【材料】(3~4人分)

  • 鶏手羽元…470g
  • 塩・こしょう・小麦粉…各適量
  • しめじ・エリンギ…各1/2パック
  • パプリカ(赤・黄)…各1/2個
  • オリーブオイル…適量
  • 酒…大さじ3
  • トマトソース…1缶(295g)
  • 水…100cc
  • しょうゆ…小さじ1/2

【作り方】

①鶏手羽元は塩・こしょうをし、小麦粉を薄くまぶす。しめじは石突きを落としてほぐし、エリンギ、パプリカは食べやすい大きさに切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏手羽元を入れて焼き色を付ける。しめじ、エリンギ、パプリカも加え、2分ほど炒める。

③酒を入れてアルコールを飛ばし、トマトソース、水、しょうゆを入れて蓋をし、弱~中火で15分ほど煮込み、塩・こしょうで味を調える。お好みで野菜を添える。

※市販のトマトソースを使えば難しい味付けも簡単! 隠し味にしょうゆを加えるとコクと旨みがアップします。

あじのソテー ラタトゥイユソース

投稿情報: 2018年12月2回

あじのソテー ラタトゥイユソース

【材料】(2人分)

    あじのソテー

  • あじ(骨取 身の大きいもの)…2切
  • 塩・こしょう・小麦粉・オリーブオイル…各適量
  • ラタトゥイユ ※作りやすい分量

  • 玉ねぎ…1/2個
  • パプリカ(赤・黄)…各1/4個
  • なす…1本
  • オリーブオイル…大さじ1.5
  • トマトソース…1/2缶
  • 塩…小さじ1/4
  • こしょう…適量

【作り方】

①<ラタトゥイユをつくる>玉ねぎ、パプリカ、なすは1.5cm角に切る。

②フライパンにオリーブオイルを熱し、①と塩を入れて炒め、蓋をして弱火で3分程蒸し焼きにする。

③トマトソースを加え5分ほど煮込んでこしょうで味を調える。

④<あじのソテーをつくる>あじはペーパーで水気を拭き、塩・こしょうをし、小麦粉は薄くまぶす。

⑤フライパンにオリーブオイルを熱し、④を皮目から入れてパリッと焼き、両面焼く。

⑥器に盛り付け、③のソースをかける。

※あじは水気をしっかり拭き取ってから小麦粉をまぶして焼くことで、表面はパリッ、中はジューシーに仕上がります。余ったラタトゥイユはそのまま食べるのはもちろん、鶏肉のソテーやオムレツにかけてもおいしいですよ。

赤かぶらのポタージュ

投稿情報: 2018年12月1回

赤かぶらのポタージュ

【材料】(2人分)

  • 赤かぶら…1個(150g程度)
  • 玉ねぎ…1/4個
  • ご飯…30g
  • バター…10g
  • 水…2カップ(調整する)
  • 生クリーム…小さじ2
  • ガラスープ…小さじ1
  • 塩・コショウ(粗挽き)…各適量
  • イタリアンパセリ…適宜

【作り方】

①赤かぶらは薄いいちょう切り、玉ねぎは薄切りにする。

②鍋にバターと玉ねぎを入れて中火にかけ、玉ねぎが透き通ってきたら赤かぶらも加えて軽く炒める。水とガラスープを加え、野菜がやわらかくなったら粗熱を取る。

③②とご飯をミキサーにかける。これを鍋に戻し、とろっとするまで煮たら塩で味を調え器に盛る。仕上げに生クリームをまわしかけコショウを振り、イタリアンパセリをのせる。

※赤かぶらのやさしい甘みがおいしいポタージュは、なんといってもピンク色がかわいいですね♪ ご飯で簡単にとろみをつけるのもポイント!

牡蠣のボンゴレ風

投稿情報: 2018年12月1回

牡蠣のボンゴレ風

【材料】(2人分)

  • 「牡蠣の潮煮」…100g
  • パスタ(1.4~1.6mm)…120g
  • 水菜…50g
  • 唐辛子(輪切り)…適量
  • 塩・コショウ…各適量
  • オリーブオイル…大さじ1+適量

【作り方】

①水菜は3cmに切る。

②パスタを塩分1パーセント程度の熱湯で袋の表示より1分短くゆでる。

③フライパンにオリーブオイルと唐辛子を入れて火にかけ、②のゆで汁(50ml)と牡蠣の潮煮を加え、温まったらパスタも加えてなじませ、塩・コショウで味を調える。水菜を加えたら火を止めて和え、器に盛り、オリーブオイルを垂らす。

※このレシピは牡蠣のエキスだけで煮込んだ「牡蠣の潮煮」を使っています。潮煮のおいしさをそのままいただくシンプルなパスタです。ゆで汁でパスタソースを調節するのがポイント!

次ページへ »